期間別の使い捨てカラコン

期間別の使い捨てカラコン

カラーコンタクトレンズの主流は、使い捨てのタイプです。

 

使い捨てではないタイプのカラコンもありますが、価格が高く、時間の経過と共に合わなくなる可能性があるというのが難点です。このことが嫌だと感じる人、また使い捨てしかないと思っている人がいるため、使い捨てタイプのカラコンを愛用している人が多いのでしょう。

 

さて、カラコンに関してですが、ひとくちに使い捨てタイプといっても、色々な種類があります。
たとえば、期間別に使い捨てカラコンというのは分類されているのです。

 

まず、1日使い捨てタイプのカラコンがあり、これはワンデータイプともいいます。
文字通り、1日装用したら捨てるだけというカラコンです。

 

2週間装用するものは2ウィークと呼ばれますが、他には1ヶ月交換タイプ、1年交換タイプなどがあります。カラコン初心者の人は、どの使い捨てカラコンがいいか、判断しにくいのではないでしょうか。

 

どれか1種類、あえて挙げるとすると、ワンデータイプの使い捨てカラコンがベストでしょう。

 

どういうことかというと、長期間の使い捨てカラコンというのは、レンズを洗浄するなど、ケアをしないといけません。お手入れだけでなく保管も正しくしないといけないため、手間がかかり煩わしく感じる人が多いのです。しかも、ケアの仕方などを誤ると、目のトラブルに繋がるというようなことにもなりかねません。

 

なお、ワンデータイプといっても、24時間装用するというのは目への負担が大きいためおすすめしません。8時間以上、装用しないことが目の安全になるといわれていますので、この装用時間を守りましょう。


このページの先頭へ戻る